女性らしさもアップする、イソフラボン

イソフラボンは、大豆の胚芽から摂取できる成分です。

 

女性の味方で、積極的に摂取するようにといわれているぐらい必要な成分です。

 

イソフラボンは美肌にどんな効果を発揮してくれるのかというと、まず1つ目は女性ホルモンの代わりとして働くところにあります。

スポンサーリンク

女性ホルモンの1つであるエストロゲンというものが人間にはあるのですが、このエストロゲンにはコラーゲンやヒアルロン酸を生成するよう促す役目があります。

 

しかしエストロゲンが減ってきてしまうと、コラーゲンやヒアルロン酸が生成される量が減ってしまうため、最終的にコラーゲン不足、ヒアルロン酸不足となり、美肌とは程遠い肌トラブルが多い肌へとなってしまいます。

 

そこでイソフラボンがエストロゲンの代わりに働き、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促します。

 

そうすることでコラーゲン不足やヒアルロン酸不足になることなく、肌の状態もよくなっていきます。

イソフラボンの抗酸化作用

それ以外にも、抗酸化作用が注目されています。

 

イソフラボンはポリフェノールの一種なのですが、ポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を排出させて若々しさをキープするという役目があります。

 

紫外線やストレスなど、生活の何気ない場面でも活性酸素は発生しますが、それをイソフラボンが取り除き、体の酸化を防止してくれます。

 

豆乳を飲むとイソフラボンが摂れるといわれており、豆乳を毎日飲めるといいですが、苦手な人は毎日飲むのが辛いでしょう。

 

また、毎日飲むと飽きてしまい飲みたくなくなる人もいます。

 

そこで取り入れたいのが、美肌サプリでイソフラボンを含むものです。

 

どんな年代でも摂取しやすいサプリですし、女性ホルモンの代わりをするので女性には美肌以外の面でも効果を期待できます。

プラセンタサプリ人気ランキング

女性らしさもアップする、イソフラボン関連ページ

美肌サプリの王者のプラセンタで肌のアンチエイジング
美肌サプリの代表であるプラセンタは、イキイキとした自分を手に入れたい、美肌だけではなく健康にも気を使って生活したいと考え始める年代には、最適です。
肌のハリ・弾力ならコラーゲン
コラーゲンが減ってくると、肌のターンオーバーも正常どおりいかなくなるため、角質が溜まり肌の質も悪くなっていきます。
美肌サプリの定番、ビタミンCについて
ビタミンCの美肌効果は、抗酸化作用とメラニン生成の抑制です。美白化粧品などにもよく使われており、メラニンが活発に活動しないようにし、透明感がある白いお肌作りをサポートしてくれます。
アスタキサンチンで体のサビを防止
アスタキサンチンのパワーは今大注目なのです。活性酸素をアスタキサンチンで除去することによって、サビを溜め込まない体質へ導くことができます。
肌の酸化を防ぐビタミンEのパワー
体をサビさせないために抗酸化作用のあるビタミンEを摂取するのは、肌の土台を強くするのと同じです。そういう意味で、ビタミンEは肌に欠かせない成分であるといえます。
意外?美肌に亜鉛は必要
亜鉛は細胞分裂を促すためには欠かせない鉄分であり、不足すると細胞分裂が滞り、肌のターンオーバーが遅れてしまいます。キレイな肌を維持するためには、このターンオーバーがとても大切です。
プルプルお肌を目指せるヒアルロン酸
ヒアルロン酸だけではなく、コラーゲンやエラスチンなども同じように肌の弾力やハリを保つ成分に関係していますが、それぞれの量が年齢とともに減り、肌のたるみやハリの消失が感じられるようになるのです。
セラミドでモチモチ肌
セラミドはスポンジのようになっていて、水分や潤いを保持してくれるため、潤い美肌に導いてくれます。また、外からの刺激でも乾燥しやすいですが、セラミドにはバリア機能もあります。