30代のスキンケアのポイント

30代に入ると、多くの人が20代の頃とは明らかに違う肌の変化を実感するようになります。

 

20代の頃には肌の内側でヒアルロン酸やコラーゲンなどがたっぷり充実していたのですが、年齢とともにどうしても不足しやすくなってしまうため、肌の水分量が低下して乾燥しやすくなったり、弾力がなくなって肌のたるみが気になるようになったりします。

スポンサーリンク

また、30代になるとホルモンバランスが少しずつ変化しますし、出産や育児などによってライフステージが大きく変わり、それに伴って精神的なストレスやイライラを感じやすくなる年代でもあるのです。

 

そんな30代のスキンケアでは、できるだけ体内に毒素を溜め込まないような生活習慣を心がけるとともに、疲れやイライラの影響が肌に出ないように抗酸化成分がはいったスキンケアを心がけると良いでしょう。

生活習慣でスキンケア

生活習慣ですが、育児や仕事、家庭のことでイライラしたり疲労困憊になったりしてしまいやすい年代なので、毎日5分でも良いのでホッとリラックスできる時間を設けてみてください。

 

お風呂に浸かってリラックスするのも良いですし、好きな趣味に没頭するのも良いでしょう。

 

リラックスすることによって体内のストレスや疲れがスーッと癒されます。

 

また、睡眠時間を確保することも美肌のためには必要です。

 

忙しくても睡眠時間を優先し、毎日できれば7時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

スキンケアでは、ビタミンC誘導体が配合されている基礎化粧品を使うことで、肌のくすみや疲れをすっきりと癒すことができます。

 

この年代ではアンチエイジング化粧品を使い始める人も多いのですが、保湿ケア、美白ケア用のものでも十分に30代の肌を美肌にすることは可能です。

 

この年代は、そろそろ基礎化粧品に含まれている成分を選んで商品選びを始めてみると良いかもしれません。

 

ホルモンバランスが崩れてトラブルを起こしやすくなる年代なので、トラブルを長引かせないような工夫や対策をすることも、30代の美肌対策となります。

プラセンタサプリ人気ランキング

30代のスキンケアのポイント関連ページ

20代のスキンケアはここがポイント
20代のスキンケアは、高額な基礎化粧品を使う必要はありませんから、ヒアルロン酸やセラミド等保湿効果が高い成分がはいっているリーズナブルな化粧水をたっぷり使って保湿しましょう。
40代のスキンケアは保湿重視
40代のスキンケアでは、、ついついアンチエイジング商品に走りやすいのですが、肌の乾燥が気になる人は保湿ケアを徹底することも忘れてはいけません。