20代のスキンケアはここがポイント

20代はまだまだ新陳代謝が活発に行われているので、メイクをせずにスッピンのままでも十分に美しい素肌を維持することができます。

 

しかし、25歳をピークにしてコラーゲンの生成量が低下し始めるため、肌の弾力は20代後半になると少しずつ衰えてきます。

スポンサーリンク

アンチエイジング用のスキンケアを始めるにはまだまだ早い年代ですが、10年後、20年後に後悔しないためにもこの年代のスキンケアは、基本をしっかり押さえて肌質にあったスキンケアでトラブルを最小限に抑えることが必要です。

 

20代の方の中にはメイクやスキンケアが楽しくて仕方なく、いろいろな新商品を試してみたり、アイメイクなどのポイントメイクに力を入れて普段の自分とは違う自分を演出してみたり、メイクでどれだけ変身できるのかを満喫したいという方が多いです。

 

メイクを楽しむのは大いにOKですが、メイクをした日の夜は、かならずメイククレンジングと洗顔剤でダブル洗顔するようにしてください。

たっぷり保湿ケアが美肌につながる

この時、指でゴシゴシこすっても毛穴に詰まっている汚れが取れるわけではありません。

 

ゴシゴシすると、肌に大きな負担をかけてしまい、トラブルの原因となってしまうだけです。

 

メイク落としはまず蒸しタオルを肌に乗せて毛穴をしっかり開いたうえでクレンジングをしたり、洗顔は泡洗顔を心がけたりすることで肌に負担をかけないように気を付けましょう。

 

また、20代でも生活習慣やスキンケアによっては肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

普段のスキンケアは、たっぷり保湿ケアを心がけるようにしてください。

 

この年代の保湿ケアが30代、40代になってからの美肌へとつながります。

 

高額な基礎化粧品を使う必要はありませんから、ヒアルロン酸やセラミド等保湿効果が高い成分がはいっているリーズナブルな化粧水をたっぷり使って保湿してあげる方が、この年代の肌にとってはプラスな効果が大きいようです。

 

また、新陳代謝がまだ活発な年代ですから、ニキビなどはニキビ跡を作らないように気をつけて早期解決を目指しましょう。

プラセンタサプリ人気ランキング

20代のスキンケアはここがポイント関連ページ

30代のスキンケアのポイント
30代のスキンケアでは、できるだけ体内に毒素を溜め込まないような生活習慣を心がけるとともに、疲れやイライラの影響が肌に出ないように抗酸化成分がはいったスキンケアを心がけると良いでしょう。
40代のスキンケアは保湿重視
40代のスキンケアでは、、ついついアンチエイジング商品に走りやすいのですが、肌の乾燥が気になる人は保湿ケアを徹底することも忘れてはいけません。