シミを作らせない、美白サプリで美肌対策

ある日突然、鏡を見ていたら大きなシミが出来ていたなどと驚いた経験はないでしょうか。

 

30代・40代の女性に多く聞かれる症状です。

 

紫外線対策をせずに過ごした20代の頃、暴飲暴食、不規則な生活、ストレスなど日常生活がシミの原因になることもあります。

スポンサーリンク

「どうしよう」と慌てるのは顔にシミが目立つようになってから。

 

日常生活の中で気を付けておけば、悩まずに済んだのかもしれません。

 

私達の関心がある美肌・美白と対局にある「シミ」は大きく分けて5つの種類があるのをご存知でしょうか。

 

まず、その原因はメラニンです。

 

細胞の中にある核に紫外線があたることで細胞が破壊され、最悪は癌などの病気の原因にもなります。

 

このメラニンにはユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、フェオメラニンが多い方が紫外線を浴びた場合に活性酸素を生成してしまいます。

 

黒人はフェオメラニンが少なく白人は多いのが特長。

 

私たち黄色人種も活性酸素を作るフェオメラニンが多いのでシミが出来やすいのです。

 

2:シミの種類と症状を知る

突然シミが出来たように感じたのは実は長年蓄積された紫外線によるもの。

 

肌ダメージがあるとき肌表面に表れて、シミになっていることに気が付くのです。

 

30代〜40代の女性に多く見られ、どんどんシミが濃くなっていくので深刻です。

 

これは「老人性色素班」というものです。

 

老人性色素班にはビタミンCを配合したサプリがオススメです。

 

さらにホルモンバランスが乱れることが原因でシミになる症状があります。

 

頬の左右対称にシミが出来てどんどん広がります。

 

これは妊娠や更年期などが原因の「肝斑」と呼ばれるものです。

 

ビタミンCに加えビタミンB、亜鉛などのサプリなどもオススメです。

 

他にも点状のシミが出来る「色素沈着」や、手の甲に出来ることが多い水泡のような「脂漏性角化症」。

 

「そばかす」もシミの一種です。

 

L-システインやαリポ酸、コエンザイムQ10などのサプリは作られてしまったシミに有効的です。

 

加齢によるものか、そうでないのか、シミの種類でサプリの効果も違いますよ。

プラセンタサプリ人気ランキング

シミを作らせない、美白サプリで美肌対策関連ページ

透明感が増す美白サプリは何がある?
美白になりたい女性の願いを適えてくれるサプリも沢山あります。しかし、美肌に良いサプリ、美白に効くサプリの成分はどれか、と言われると分からなくなりますね。
体内から美白、ビタミンCをサプリで摂ろう
ビタミンCは体内に入ると肝臓に運ばれ、肝臓から血液によって全身に運ばれて、美白やシミ予防などの美白効果など多様な効果を発揮します。
飲んで美白、サプリの効果
サプリにも美白に有効的な成分が入っている商品が沢山あります。コラーゲンやビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10など様々なサプリが美白に効果的です。
美白サプリで紫外線から肌を守る
紫外線は皮膚のDNAに打撃を与え、更には活性酸素を増やすため活性酸素を増やさないよう体の中から対策を行う事も大切です。
夏のダメージは美白サプリで解決
スキンケアやグッズを利用して夏のダメージから肌を守る対策をすることも良いですが、サプリで体内から美白を行うことも効果的です。
出来てしまったシミに効果的な美白サプリ
美白に必要なサプリのビタミンC。さらにマルチビタミンとミネラルがバランスよく摂れるサプリもおすすめです。
美白サプリ、年代別の選び方
肌に関する悩みも年代別で違うため、同じ美白でも求める成分は違うのでサプリの成分も変わってきます。